「神の言は繋がれたるにあらず」

使徒言行録 4章1~22節
詩編 147編15~20節

 

 「我はこの福音のために…繋がるるに至れり、されど神の言は繋がれたるにあらず」(文語訳)は、Ⅱテモテ29の言葉です。

 ナチス・ドイツが政権を掌握し“ドイツ的キリスト者”の名のもと教会もまたこれに追随しつつあった1934年、これに抵抗したキリスト者たちは告白教会を形成して教会闘争に向かいました。その第1回会議で採択されたバルメン宣言はその第6項でこの箇所を挙げ、教会の自由はキリストご自身の支配と委託にあり、主のみ言葉・み業を人間的な願望や計画に奉仕させることができるとの誤りを退けると述べています。

 聖霊によって力満たされ宣教へと派遣されていったペトロ・ヨハネは神殿で捕らえられ、主イエスと同じように(ルカ2266)ユダヤ最高法院で裁かれました。当局者たちは 7「お前たちは何の権威によって…ああいうことをしたのか」と詰問しましたが、二人の自由で13「大胆な態度」の前に結局は17・21「脅」すことしかできず、その 7「権威」は色あせていったのでした。

 神の言葉、すなわちその意志と業を繋ぎ止めようとの企ては、ついには破れていきます。Ⅱテモテ213にある「わたしたちが誠実でなくても、キリストは常に真実であられる」とは、当時の洗礼式で用いられた式文の一部と考えられます。世の愚かさをご存じの上でこれに近づき命へと導かれるキリストの支配こそが私たちを自由にし、方向を指し示し、課題の中をも進み行かせるのです。

「遣わされた働きの始まり」

使徒言行録 3章1~10節
イザヤ書 61章1~4節

 

 この日 1「ペトロとヨハネが…神殿に上って行った」というのは、驚くべきことです。何故なら 1「神殿」は主イエスを十字架につけていったユダヤ教当局者の本拠地であり、このときは十字架からまだ間もない頃だからです。主イエスが告げられたように(18)、彼らは生ける神の働きかけ 2:4「聖霊」によって新たな力に満たされ世の只中へと派遣されていったのでした。

 境内で二人は、足が不自由で 2「毎日…門のそばに置いてもらっていた」男に出会います。35節には、二人と男の視線が徐々にしっかり結ばれていった様子が描かれています。この間、男は何がもらえるのだろうと思っていた(5節)一方、二人はかつて主イエスが幾人もを癒し立ち上がらせたことを思い起こしていたのではないでしょうか。ペトロが 6「…イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」と呼びかけると、男はたちまち立ち上がり自らの足で歩み出したのでした。

 1「…主なる神の霊がわたしをとらえた。わたしを遣わして、貧しい人に良い知らせを伝えさせるために。…」、かつて宣教の業に歩みだされた主イエスに与えられたこの預言(ルカ416~)が、このとき従う弟子たちに受け継がれたのです。

 この 1「神の霊」による大いなる支えと派遣は、今を歩む教会と私たちにも及んでいます。ペトロとヨハネのまなざしが神のわざを必要としている課題をしっかりと捉え、その視線が交わったところに神の国の恵みが現れたとこの箇所は告げます。今の世に派遣されている教会と私たちが、何をどのように見ようとするのかが問われているように思います。

ペンテコステ礼拝 「聖霊が鳩のように」

使徒言行録 2章1~4節
創世記 8章6~22節

 

 ノアの箱舟物語で、 8「鳩」は水がひいたことを確かめるべく三度放たれました。罪に対する裁き(613)が終わったことを告げる鳩は、こうして神からの和解と平和(21節)の使者として記憶されることとなりました。

 4福音書は、主イエスが洗礼を受けられたとき神の霊が「鳩のように」(マルコ110等)降ったと記します。神の度重なる働きかけを頂きつつも罪の呪縛から解放されることのなかった地と生けるものに真の和解と平和をもたらすべく、この方がおいでになられたことを指し示していましょう。

 こうして「鳩」は、神の霊の象徴ともなりました。使徒言行録の記すペンテコステの記事に「鳩」は現れませんが、地に生きる個々人にも降り働きかける 4「聖霊」もキリスト教美術において「鳩」の姿で描かれるようになりました。

 1950P.ピカソは鳩と女性の顔を組み合わせた“平和の顔”シリーズ29点を描き、P.エリュアールが寄せた詩と共に翌年出版されました。“私は鳩のあらゆるすみかを知っていた。一番自然なそのすみかは人の頭であるということも。” “地のうみ出したものよ 地のはなひらかせたものよ。生きている肉よ。生きている血よ。それらは二度と再びいけにえにされてはならないのだ。” “反省のつばさの下に美しいものが役立てられているのだということを、人の顔はしっている。” … 、こうした29編の短い詩が続きます。

 聖書のメッセージと重ね合わせて受けとめるならば、和解と平和をもたらす神の働きかけ、 4「聖霊」は自由にそして何度もこの地を訪れているのです。にも拘わらず、人々の“頭”に 9「止まる所がみつからなかった」のではないでしょうか。

 “なんと永い間、人は人をおそれつゞけてきたことであろう。頭の中にもってこられるべき鳥たちをさえも-。” “お前のつばさをひろげよ。美しき頭よ。かしこい世界に伝言せよ。それから私共は現実となるだろう。” 砕けた心をもって神の働きかけを受け入れ、導かれるゆくときに、和解と平和への歩みが始まることを胸に刻みたく思います。

5月のおたより

 先月のお便りで、当教会会堂の大規模改修計画についてお知らせしました。4月24日の教会総会でこの実施が正式に決まり、連休明けからさっそく工事が始まっています。

 会堂・教育館・牧師館とも、すっかり足場とシートで覆われました。外壁改修から塗装まで、約3ヶ月の予定です。どのようにリフレッシュされるか、お楽しみに。また建物内部でも、照明や水道管の交換といった工事が行われます。

 長期間の工事に主のみ旨が顕わされ、また安全がまもられるように祈りを合わせたく思います。

「魚の記憶」

ヨハネによる福音書 6章1~13節
民数記 11章1~6節

 

 キリスト教で古くから用いられてきたシンボルの一つに、魚があります。“イエス・キリスト・神の・子・救い主”を表すギリシャ語の頭文字5つを並べると “イクスース(魚)” となるからで、ローマ帝国下の迫害時代、キリスト者たちは魚の絵を描いて互いの信仰を確かめ合ったと言います。

 魚はイスラエル人にとって、日常の食べ物であり、大切なタンパク源でした。荒野の旅の途中、エジプトでは魚をはじめ色々なものを食べていたのにと民が嘆く場面があります(民1146)。ちなみにイスラエルでは、ひらめ・かれいを“モーセの魚”と呼びます。モーセが紅海を分けたとき(出1421)、一緒に身が分かれてしまったとの伝説があるのだそうです。

 またガリラヤ湖でもよく獲れる淡水魚ティラピアは、“ペトロの魚” と呼ばれます。主イエスが5つのパンと2匹の魚で5000人以上を養われたときの魚も、これであった可能性があります。主イエスの十字架刑の後、失意の内に漁師に戻ろうとしたペトロが、復活の主に出会った話がヨハネ211~にあります。主の呼びかけに応えて思わぬ大漁を経験したとき、またその魚を主と一緒に食べたとき、ペトロはかつて「人間をとる漁師にしよう」(マルコ117)との言葉と共に弟子として召されたこと、わずかなパンと魚で皆を満たされたことを喜びと共に思いおこした筈です。

 ヨハネ福音書によると、5つのパンと2匹の魚は少年のお弁当でした(9節)。小さな者の働きも大きな喜びへと主に尊く用いられることが、福音書に描かれる魚を通して指し示されているように思います。

「神の家」

ヘブライ人への手紙 3章1~6節
創世記 28章10~19節

 

 イスラエル人の先祖は遊牧民であり(創473)、移動式の幕屋(テント)が家でした。定住の家をもつようになるのは出エジプトを経てのカナン定着後であり、その後も亡国と捕囚という苦難を味わったのでした。

 自らの奸計の結果として家を出ることとなったヤコブは野宿した夜、夢の中で自らに語りかける主に出会いました。目覚めた彼は恐れおののきつつ、その場所を19「ベテル(神の家)」と名づけ、聖所としました。13「アブラハムの神、イサクの神」と聞かされてきた主が、さすらう私とも共におられ導かれることに彼は目を開かれたのです(詩1397~、イザヤ661~等)。

 一昨日ある教会の献堂式で、“主なる神は天地の創り主ゆえ、私たちはどこでも主に出会える。が、ヨナに「さあ…ニネベに行って」と言われたように(ヨナ12)、この主は私たちに行き先を告げられる。この言葉に従うときに私たちは真に主に出会うのだ。”との説教を聴きました。

 ヨハネ福音書の記す「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」の原意は、“わたしたちの間に幕屋を張られた”です。ゆえに、地上であってもこの方が治められる場所が 6「神の家」なのだと告げられています。ここではまず教会が想定されていましょう。が、 4「万物を造られたのは神」であるがゆえにキリストはその枠を超えてみ腕を振るわれ、教会にはその主に従いゆくことが求められています。

 ドイツ中央部に、障がいをもつ人々、高齢者、ホームレスの人たちが安心して暮らせる福祉と医療の町があります。1867年に最初の施設が作られて間もなく、この町は19「神の家」を意味するべーテルと名づけられました。その後、優生思想にたって障がい者を抹殺しようとしたナチス・ドイツとの戦いも経て、今日に至るまで約150年間その働きは続いています。