イースター礼拝 「キリストの復活にあずかって」

フィリピの信徒への手紙 3章7~21節
創世記 4章8~16節

 

 “主はよみがえった” 、これが教会最初の信仰告白であり、ここからキリスト教の歴史は始まりました。が、主イエスが死を打ち破って復活されたことは、私たちの生にどのように関わるのでしょう。

 伝道者パウロは、 8「主キリスト・イエスを知る」ことで自らの価値観・姿勢・生き方が根本的に変わったと述べています。そしてこの 8「知る」とは、キリストを体験し経験しているということです。その内容が続けて語られています。

 パウロはまず、自らを今 9「キリストの内に」見出していると言います。かつてひたすら独力で生き行くことを求めていた彼は(56節)、神の恵みとキリストの救いに生かされる生き方に出会ったのでした(ガラテヤ11316)。

 私を生かすキリストは十字架の死を引き受け復活の勝利をとられた、だから私も10「その復活の力…を知り、その苦しみにあずか」りたい、と語ります。10「あずか」るの原語はコイノニア、交わり・分かち合いです(157)。キリストに生かされる者は、主の復活の命と十字架の愛を分かち合う者とされるのです。

 順番としては十字架があり、復活が起こりました。しかし弟子たちは逃げ去り、主の十字架を分かち合う者はいなかったのです。私たちは近づかれる復活の主に出会って、その後に十字架を分かち合うべく導かれるのだと思います。

 創造物語は、人に入りこんだ罪は他者を損なわせ、人を12・13「さすらう者」すなわち寄る辺のない分断の状況へと追いやったと語ります。この悲惨から世と私たちを救うために、主は十字架へと進み、復活を遂げられました。そして私たちを再び神に、そして隣人に結び合わせてくださるのです。

「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」

ヨハネによる福音書 19章16~27節
イザヤ書 52章4~6節

 

 主イエスの受難を描いた絵画や彫刻において、十字架の上に“INRI”と書かれているのを見ることがあります。これは19「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」を意味するラテン語 “IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM” の頭文字です。

 ヨハネ福音書によると、この罪状書きは主イエスを裁いた総督19「ピラト」が掲げさせたものでした。ついに主イエスを十字架刑へと追いやった21「祭司長たち」はこれを嫌がってそう自称したと書き換えよと迫りましたが、ピラトは取り合おうとはしませんでした。この間、主イエスは23「服」23「下着」まではぎ取られ、辱めと嘲りのうちに死へ向かわれたのでした

 罪状書きは万民が読めるよう20「ヘブライ語、ラテン語、ギリシア語」で書かれていたとあります。この苦しみと死を我が身に負われて、主イエスはこのとき全世界の真の王となられたと、この福音書は告げているのです。

 「わたしは命のパンである」(648)をはじめ “わたしは~である” とよく語ってこられた(81210911146等)主イエスは、捕縛に際し「わたしである」(18568)と繰り返し宣言されて十字架へと踏み出されたのでした。これは主なる神が「わたしはある」(出314)との言葉で自らを顕わされたことに重なります。

 J.S.バッハのヨハネ受難曲において、22「書いたままにしておけ」とのピラトの言葉に続き、讃美歌571“いつわりの世に”の第3節が歌われます。自ら受難へと進まれその命をも分け与えられた主の十字架にこそ、私たちが仰ぐべき神のご人格・その名が指し示されています。

教会創立129周年記念礼拝 「真の神殿の再建」

ゼカリヤ書 8章3~6節
マタイによる福音書 21章4~9節

 

 来る新年度、当教会は献堂後42年を経た教会堂の改修に取り組むべく、現在準備を進めています。外壁防水工事・設備の更新など総工費3500万円の事業に取り組むことは、当教会の歴史においても大きな出来事です。

 当教会が初めて所有した教会堂は創立年に建てられた袋町会堂で、その費用550円はアメリカの一信徒の献金でした。その後、1893年東三番丁に土地を求め教会堂を移築しており、費用439円は教会員とアメリカの信徒の献金によるものでした。

 そして1914年に秋保石造りのデフォレスト記念会堂が献堂されます。総工費4700円とのこと以外、それがどのように満たされたのか等の記録は残っていません。加えて1933年、会堂に隣接して片桐・ブラッドショー記念教育館が建設されています。しかし会堂・教育館また牧師館は19457月の仙台空襲で全焼したのでした。翌年、教会員の奉仕でバラックの仮会堂兼牧師館を建て、礼拝が続けられました。

 1950年、焼け残った外壁を利用して会堂が以前とほぼ同じ姿に復興されました。アメリカ教会からの援助が約130万円ありましたが、総工費約200万円を満たすために川端忠治郎牧師は全国を行脚して献金を募りました。こうして、デフォレスト記念会堂は1973年まで59年間、仙台中心部で宣教の器として用いられ、親しまれたのでした。

 1973年、当教会は宣教の積極的展開を目指し、東勝山に現会堂を移転新築しました。総工費約2億円は、教会員の献金100万円と東三番丁の土地売却代金によって支弁されました。また1995年には研修所“月見岬ジレットハウス”が献堂され、活用が始まりました。

 教会堂が、それぞれの時代に主を仰いだ信徒さらには国内外の教友たちの祈りと捧げものによって形づくられてきたことを知ります。この度の取り組みは、この働きを継承し、これからの宣教を見据えるものであることを胸に刻みたく思います。

 バビロン捕囚後、エルサレム神殿の再建工事が進む中で預言者ゼカリヤは「正義と真理に基づいて…いたわり合い、憐れみ深く」(79)あることこそ主の求める礼拝であること、主はそうした群れの中心にあってこれを祝しそこでは平安と共に 4「老爺、老婆が座」し 5「わらべとおとめ」が 5「笑いさざめく」ようになることを告げました。続く9章には、主イエスが子ろばに乗ってエルサレムに入られた基になった預言があります。主イエスは十字架を担うことによって、私たちが神と出会い交わる真の神殿となってくださったのです。この主を中心として、み旨を求め、祝福に与る場として、教会堂が整えられ用いられることを願い求めます。

3月のおたより

 月1回開催している「旧約聖書を読む会」は、難関のヨブ記を読み終えて、この2月エステル記を学び始めました。この会がユニークなのは、旧約を巻末のマラキ書から巻頭の創世記に向けて読み進めていることです。初めの方はなじみがあっても、後ろにいくほどあまり親しんでいないことの打破に向けて、と伺っています。今、新共同訳で1502ページある旧約聖書のちょうど半分を読み終えたということになります。

 この会は1976年に始まり、1982年から10年ほどお休みがありました。1993年から再開されて、今日に至っています。マラキ書から読み始めたのはいつからなのかはっきりした記録がなくてよくわからないのですが、おそらく1993年の再開時なのだと思います。

 すると23年で、半分を読み終えたということですね。このペースで行くと2038年に全巻を読み終える計算です。ずいぶん先だなあと、ため息なんかつかないでください。人々が歩んだ長い長い歴史に主なる神さまが同行され、その時その時にふさわしい御手をもって導かれた記録が旧約聖書なのですから。

 会場も、A姉宅・N姉宅・S姉宅・Y姉宅と引き継がれ、現在はY&K姉宅にて開催されています。長く続く学びに出席者も入れ替わりつつ養われていることも、旧約の民の恵みに重なります。

 

東日本大震災5周年を覚えての礼拝 「希望と生きる力」

エズラ記 9章6~15節
マタイによる福音書 11章2~19節

 

 バビロン捕囚解放後の神の民再建に力を注いだ指導者エズラが民の罪に直面し、自らもその咎を負いつつ主に祈った言葉を、東日本大震災発生5年目を数える今共にしました。時代も内容も全く異なるにも拘らず、今の時代と私たちに重なるものを感じるのです。

 6「わたしたちの罪悪は積み重なって身の丈を越え」、招き寄せた憂いは 7「今日、御覧のとおりです」と告白されています。大震災は自然災害でしたが、何が起こってもコントロールできるとその力を過信した私たちの社会は原子力発電所事故という巨大な人災を生んでしまいました。福島ではなお帰還の目処も立たない状況下にあって、原発を再稼働させ輸出すら計画する私たちの社会は経済・利潤の 9「奴隷にされて」いるのではないでしょうか。

 その13「悪事…罪科…艱難」の大きさを自覚しつつ、エズラは一筋の希望を仰ぎました。それは主がその 8「聖」を、私たちの 8「よりどころ」とさせてくださったことでした(イザヤ638)。これこそが希望を生み、大きな課題の中にも今日の一歩を踏み出させる力となると祈られています(8節)。

 悩み満ちるこの世界に主イエスがおいでくださり、ご自身の十字架を据えられたことこそ、与えられた最大の 8「よりどころ」です。主イエスはその救いの業を、小さな一人一人を神の国に結び合わせる働きから始められました。まだ 3「待たなければなりませんか」と訊ねられた時、困難な中にも小さな一人が助け起こされているならば、神の国の救いはすでに訪れているのだと主イエスは答えられました(5節)。希望と生きる力を日々分け与えられ、主が進められるその働きに連なる者とされたく願います。