「一同は山を降りて」

マルコによる福音書 9章2~13節
出エジプト記 34章29~35節

 

 3「どんなさらし職人の腕も及ばぬほど白く」とは、面白い表現だと思います。主イエスは粗末な衣服を着続け、それは汚れていた筈です。それがそれほどまばゆく輝いたのですから、この山上へと連れられた 1「ペトロ、ヤコブ、ヨハネ」の驚きの大きさが感じられます。

 その白さ・まばゆさとは、歴史の完成時にすべてを照らし出す神の栄光を表していましょう(黙114~、225)。旧約の預言を代表する 4「エリヤ」、律法を代表する 4「モーセ」も現れて語り合ったのも、神の大いなるご計画のために主イエスが来られたことを示しています。

 この素晴らしい光景を記念する 5「仮小屋」を建てようとペトロは進言しましたが、それは聞き入れられませんでした。気づくとまばゆい光景はもはやなく、主イエスが元の姿で立っておられたのです。

 9「一同が山を下り」との変哲もない記述に、実は大切なメッセージが込められています。この箇所の前後に予告されているように(831~、930~)、主イエスはいよいよ十字架へと進んで行かれます。それこそが、世界と歴史を栄光へと導くために主イエスに与えられた使命であったからです。

 Ⅱペトロ1:16~ではこの山上の出来事が振り返られ、19「夜が明け、明けの明星が…昇るときまで、暗い所に輝くともし火として、どうかこの預言の言葉に留意していてください」と語られています。山を下りた弟子たちは、早速悪霊との戦いに悩むこととなりました(18・28節)。私たちも世の暗さに行き悩むのです。が、そこにはともし火が与えられています。世と私たちのために山を下り十字架へと歩まれた主イエスを見つめる者、 7「これに聞」く者は、やがてもたらされる栄光を仰ぐとの指し示しがここにあります。

2月のおたより

 仙台では一、二度多めの雪が積もりましたが、やはり暖冬の仙台です。いかがお過ごしでしょうか。

 まもなく3.11、東日本大震災発生から5年を迎えます。被災・被害のあり様は一様ではありません。祈りのうちに、あの時と今を結び合わせて3.11を過ごしたく思います。

 3月11日(金)当日行われる、記念礼拝・コンサートのご案内をします。どうぞお出かけください。

  <東北教区 東日本大震災5年記念礼拝>

  1430~  日本キリスト教団郡山教会 にて

  説  教  石井佑二 牧師 (山形本町教会、東北教区書記)

  主  催  日本キリスト教団東北教区

   ※  仙台北教会より、自動車乗り合わせで出かける予定です

 

 <超教派による 東日本大震災追悼記念礼拝>

  1400~  日本キリスト教団仙台青葉荘教会 にて

  メッセージ  中野正義 牧師 (泉聖書バプテスト教会)

  特別賛美  森祐理 さん (福音歌手)

  主  催  仙台圏宣教協力会

 

 <311祈りのコンサート>

  1400~  電力ホール にて  入場無料

  W.A.モーツァルト 「レクイエム」 K.V.626   指揮:佐々木正利

  主  催   「311祈りのコンサート」実行委員会

「荒れ野の旅を思い起こしなさい」

申命記 8章2~18節
マタイによる福音書 4章1~4節

 

 主イエスは神の国を宣べ伝える働きに入る前に、 1「荒れ野」で 2「四十日間…断食」され 1「悪魔」の試みにあわれました。第一の試みを 4「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」と今日開いた申命記の言葉で退けられたように、主イエスは出エジプトの民が約束の地に入るまでに40年の荒れ野の旅を経験したことを覚えてご自身断食に向かわれたのでした。

 約束の地を目前に、モーセは 2「主が導かれたこの四十年の荒れ野の旅を思い起こしなさい」と語りかけました。この旅は定住する場をもたない苛酷なものであって、民はたびたび不平を洩らし(出1524162、民142等)、指導者モーセも時に苛立ち誤ったのです(民2012)。しかし主はこの民に同行し、不思議な食べ物 3「マナ」を備え、その旅路を守られたのでした(4節)。一方、2・3・16「苦し」みも主が与えられたものであったと述べられています。親が成長しゆく子の16「幸福」を願えばこそ時に厳しく対するように、荒れ野の試練もまた民に必要なことであったからです。私たちに向けられたそうした主の意志、 3「主の口から出るすべての言葉」によってこそ私たちの生が基礎づけられ、導かれることを胸に刻みたく思います。

 主の宣教の業は豊かさ・奇跡・権力の試みを退けられたがゆえに、すべてを注ぎ出す十字架へとその最初から向かっていました。主の言葉・意志は教え導くだけではなく、私たちを養い生かすのです。

「わたしたちの本国は天にある」

フィリピの信徒への手紙 3章17~21節
出エジプト記 20章1~6節

 

 敗戦70年を踏まえ、今年度私たちの教会はコイノニア会(修養会)・北羊会(学びの会)を通じて、戦争体験を共有しました。キリスト教への敵視、1945710日仙台空襲による会堂焼失をはじめ、当教会と会員も多くの痛みを負ってきました。一方、その戦争にどのように相対し歩んだのかを振り返る視点も重要です。

 戦争遂行を目的として施行された宗教団体法をきっかけに成立した日本基督教団は戦時中、統理が伊勢神宮を参拝、軍用機献納運動を行い、植民地下の教会に“大東亜共栄圏に在る基督教徒に送る書翰”を書き送って戦争完遂を呼びかけました。しかし敗戦後も、これらの総括はなされませんでした。教団がその責任を公に表明したのは、1967年に出された“戦争責任告白”においてでした。

 なぜ総括がなされたかったかについて、当教会の120年史は①天皇崇拝と正面から闘ったキリスト者がいなかったこと、②国の唱えた一億総懺悔論に教団も追随したこと、③占領政策として天皇の戦争責任追及が行われなかったこと、④被害国である中国・朝鮮との交流が遮断されたこと、⑤いわゆる逆コースへの占領政策の変化、との理由を挙げつつも、キリスト者であることと“臣民”であることが両立しうる信仰の質の問題と言わねばならないと指摘しています。

 十戒は唯一の神を仰ぎ偶像を排すべきことをまず求め、20「わたしたちの本国は天にあり」「地上では旅人であり寄留者である」(ヘブライ1113、口語訳)と新約聖書は呼びかけます。

 “戦争責任告白”は教会が「地の塩」「世の光」(マタイ5:13~14)足り得なかった責任について述べていますが、偶像礼拝や植民地支配については触れていません。辿ってきた歴史のゆえ、日本の教会と私たちは平和を求めつくり出していく責務へと歩み参与すべく招かれていることを思います。

 2月11日は、信仰者の社会的責任を覚える“信教の自由を守る日”です。