「わたしは復活であり、命である」

ヨハネによる福音書 11章17~37節
詩編 90編1~12節

 

 11「わたしたちの友…が眠っている」、こう言って主イエスはベタニアに向かわれました。しかしそこにあったのは、愛するラザロを死に奪われてうろたえ泣くしかない人々の姿でした。こうした人々のあり様に接し、主イエスも35「涙を流され」33「心に憤りを覚え」られたとあります。圧倒的な力をもって愛する人々を屈服させようとする、死に対する憤りでしょう。

 詩90編は、主なる神から分け与えられた命の重さとその限りあることを見つめています。12「生涯の日を正しく数えるように教えてください」とは私たちの願い・祈りでもありますが、主イエスはそのような私たちを友と呼び涙を分かち合われるのみならず、十字架へと歩むその愛をもって死の隔てを崩されるのです。

 4「この病気は死で終わるものではない」と告げられていたように、ラザロは死から起こされました。このラザロもやがて生涯を閉じたことでしょう。でもラザロまたマルタ・マリアは、死が決してすべての 4「終わ」りではないことを仰いだのでした。そこになお主イエスの愛、神の愛が働くからです。

 25「わたしは復活であり、命である。私を信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」と主は呼びかけておられます。私たちには如何ともし難い死の隔てを超えて働く愛があり、それが私たちを捉え結んでくださるとのこのことは、ただ仰ぎ受けとめ信じるよりないことです。でも不思議なことにその信仰こそ、生涯を豊かに支え導く杖となるのです。礼拝堂に掲げられた片桐清治牧師の絶筆の書“我は生命也”は、この主イエスの言葉です。

「わたしたちの友が眠っている」

ヨハネによる福音書 11章1~16節
サムエル記上 18章1~4節 

 

 徳富蘇峰(猪一郎)は熊本バンドの一員として開校まもない同志社に入学しましたが、たびたび学校と衝突、ついにはストライキを扇動して卒業1か月前に中退した人物です。が、新島襄と蘇峰の師弟としての信頼関係は途切れることはありませんでした。熊本に帰り私塾開設に苦労していた蘇峰を励ますため、新島はアメリカからカタルパの種を取り寄せて贈りました。その私塾“大江義塾”跡地、現在の徳富記念園ではその二世が大きく育っています。来週当教会に植樹するカタルパは、この木ときょうだいにあたります。

 聖書には、様々な絆で結ばれた人々のドラマがあります。イスラエル最初の王サウルの息子ヨナタンが後に第二代王となるダビデと会ったとき、 1「ヨナタンの魂はダビデの魂に結びつき、ヨナタンは自分自身のようにダビデを愛した」とあります。その後、サウルがダビデを憎んで狙うようになる難しい状況にあっても、その友情は変わることがありませんでした(サムエル下117~)。

 主イエスはベタニアに住むマルタ・マリアの姉妹を愛し、たびたび立ち寄っておられました(ルカ1038~)。その兄弟ラザロが死の床に就いている、との知らせが入ったのです。このとき主イエスは11「わたしたちの友ラザロが眠っている。…わたしは彼を起こしに行く」との言葉と共に、ベタニアに向われたのでした。このとき弟子たちは殺意が待ち受けるユダヤ地方に足を踏み入れることを憂い(8節)、あるいは悲壮な覚悟を固めていました。11「わたしたちの友」との言葉は、こうした弟子たちに向けられていると思います。主イエスが私たちを友と呼んで自ら近づいてくださるその愛は、厳然と立ちはだかる死の壁をも崩すものだからです。そして主イエスは「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。…あなたがたはわたしの友である。」(151214)と教えられました。主イエスの愛は私たちに及ぶと共に、さらに私たち自身新たな絆を築くべく押し出すのです。

6月のおたより

 「カタルパ」という樹木をご存じでしょうか。ノウゼンカズラ科キササゲ属の木で、「アメリカキササゲ」ともいいます。

 この木を日本に持ち込んだのは、新島襄という話があります。新島は、熊本で私塾開設に苦労していた徳富蘇峰を励ますため、1880(明治13)年頃この木の種をアメリカから取り寄せ、贈りました。その私塾「大江義塾」跡地、現在の徳富記念園ではその二世が大木となって育っています。蘇峰は熊本バンドの盟友として同志社に学びましたが、学校に反発してストライキを強行し卒業を待たずに中退した人物です。にもかかわらずその後も交わされた師弟のつながりを、この木は今日に伝えています。

 この記念園のきょうだいにあたる苗木を、同志社校友会神奈川県支部のご厚意により頂くことになりました。東華学校・当教会の歴史に刻まれた新島襄と仙台のつながりを記念すべく、これを植樹したいと思います。下記のように、植樹式を執り行います。どうぞおいでください。

日  時    6月28日(日) 13:30~

場  所    日本キリスト教団 仙台北教会 前庭

共  催    日本キリスト教団仙台北教会 ・ 同志社校友会宮城県支部

 

徳富記念園のカタルパ
1929(昭和4)年撮影
中央、白髪長身の人物が徳富蘇峰

子どもの日・花の日合同礼拝 「神さまからは逃れられない」

ヨナ書 1章1~4節

 

 ヨナは神さまから敵国の都ニネベに行って語れと命じられましたが、この使命から逃れようと反対方向のタルシシュ行きの船に乗り込みました。しかし大嵐となり、海に投げ込まれたのです。あぁ神さまの言葉を拒んだせいだと沈んでいったヨナでしたが、現れた大きな魚に呑み込まれたのでした。三日三晩魚のお腹の中にいたヨナは、吐き出されて陸地へと戻ってきました。神さまからは逃れられない、こう思ったヨナは今度こそニネベへ向かいました。

 “悪の道を歩むこの都は40日後に滅びる”、こうヨナはニネベの人々に語りました。すると人々は悔い改めて神さまに従ったのです。神さまはこの町を滅ぼすのを思い止まられました。

 怒ったのはヨナでした。私の使命・働きとは何だったかと問いながら、この都の行く末を見届けようとヨナは座り込みました。1本のとうごまが伸びてきて、ちょうど良い日よけになりました。でも翌日には枯れてしまったのです。とうごまを惜しむヨナに神さまは言いました。「お前は…一夜にして生じ、一夜にして滅びた…とうごまの木さえ惜しんでいる。…どうして私が、…ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには、十二万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから。」(410)。こう告げられて、ヨナは気づいたのでした。神さまの慈しみからは逃れられない、と。

「まことの羊飼い」

ヨハネによる福音書 10章7~18節
エゼキエル書 34章11~16節

 

 去る5月26日の教区総会で行われた補教師の准允式に際し、今日開いたエゼキエル341116を読みました。ここには、主なる神ご自身が自ら群れを養い憩わせると述べられています。新約の時に至り、ヘブライ1320、Ⅰペトロ54は「大牧者」との言葉で、このまことの牧者は主イエスご自身であると言い表しました。教職・役員などとして牧会に携わる者は、このまことの牧者のもとにあって、その業に向かいます。それは光栄であると共に、今日のヨハネ10章にある 8「盗人」 8「強盗」12「雇い人」に堕すことがないようにとの重い問いを頂くことでもあります。

 前章9節で、主イエスに見えるようにして頂いた人が圧迫の中でも「わたしがそうなのです」と述べて主イエスへの信仰を言い表したことに響き合うような仕方で、主イエスは 9「わたしは門である」11「わたしは良い羊飼いである」と力強く宣言されました。この方に連なりその道を共に歩む者を 9「救」い=神の祝福に導くと主は約束され、そのために11・15「命を捨てる」と十字架を見据えられたのです。

 加えて16「囲いに入っていないほかの羊」をも導くと語られています。主なる神が散らされた羊を牧し憩わせると言われたように、主イエスは神から命を分け与えられたすべての人を放浪と悲惨から祝福へと導くために来られました。その働きは復活の主によって、今も続けられています。教会は、牧者は、また信じる者は、それぞれの働きを通じて、この主に連なるのです。