宮城北地区交換講壇礼拝 「苦難の中の希望」

ヨブ記 40章1~14節

 説教  戸井田 栄 牧師 (仙台松陵教会)

 

 愛の神が支配するこの世界、しかも全能の神が支配するこの世界で、なぜ不条理なことが起こるのか。しばしば私たちはこのジレンマに陥り、悩む。難しい問題だが、「ヨブ記」は一つの光を投げかける。

 ヨブは10人の息子・娘すべてと全財産を失い、また全身ひどい皮膚病になり、あまりの苦しさに死を願うようになる。しかし、死は来ない。それでついに自分のいのちを、生まれた日を呪うまでになってしまう。3人の友人たちは、因果応報の考えに立って悔い改めを勧めるが、ヨブは自分の潔白を主張し、とうとう神を責め立てるようになってしまう。

 そこで神は沈黙を破り、ヨブを神の経綸を暗くする者と叱責し、嵐の中から「男らしく、腰に帯をせよ。わたしはお前に尋ねる、わたしに答えてみよ。」と語り、自然界の出来事、創造の不思議一つ一つについて尋ねる。次から次へと神はヨブに問いかける。「知っているか?」「知りません」「行ったことがあるか?」「ありません」「見たことがあるか?」「ないです」「できるか?」「できません」。

 この繰り返しのなかから、ハッと、ヨブは気付く。「私には知らないことだらけだ。この世界について知らないことだらけだ。だけど神様はすべてを知っておられる。」圧倒的な神の知恵の前に、自分が全くの無知であることに気づかされ、そしてヨブの目が開かれる。「この苦難がなぜ襲ったのか、どんな意味があるのかは私にはわからない。だけど神様は知っておられる。ならば、それでよいではないか。」そのように納得したのである。

 肝心の苦難の問題には何の答もなかったが、ヨブの心は満足した。神の叱責の言葉の中に、全面的に信頼することができたのだ。「神様はいままで私に最善をなしてこられた方だ。委ねよう。そして、苦難の理由に答えないといって、神様を責め立ててきた自分の高ぶりを悔い改めよう。」

 ヨブのこの告白は、信仰者すべてが通る試練に対して、1つの解答、希望を与えてくれる。どうしてこんな苦難があるのだろう?どうしてあのような不条理が起ったのだろう?しかし、私にその理由がわからなくても、神様は知っておられる。私にわからなくても、私を造られた全能の神様が知っておられる。最善をなされる神様が知っておられる。自分の苦難は神様に知られている!すべて完全に!。ならばそれでいいではないか!。

 このヨブの確信は、42章2節に表されている。「あなたは全能であり、御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。」口語訳では、「わたしは知ります、あなたはすべての事をなすことができ、またいかなるおぼしめしでも、あなたにできないことはないことを。」となっている。「私は悟りました」「わたしは知ります」というこの告白に、苦難から解放されたヨブの安堵感が伝わってくる。

 さて、ヨブ記における「神の経綸」とは何であったのか。ヨブは預言した。19章25節「わたしは知っている、わたしを贖う方は生きておられ、ついには塵の上に立たれるであろう。」26節「この皮膚が損なわれようとも、この身をもってわたしは神を仰ぎ見るであろう。」 ヨブが預言した「贖う方」とはだれでしょう?「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と大声で叫ばれた方、イエス様である。イエス様の死の叫びは、全世界の苦難の叫びである。これこそ世界一不条理な事件!、しかし神はこの方を復活させられた。これが神の答である。神ご自身が御子を通して苦難の全てを、痛みのすべてを引き受ける、それが神の経綸だったのだ。

 だから、私たちの苦難は知られている。そして、すでにイエス様によって引き受けられており、確実に希望に変えられる!。復活されたイエス様はヨブの前に立たれ、私たちのすぐ傍らにも立っていてくださる。この方こそ苦難の中の希望、まさに不条理の中の慰めである。イエス様は言われた。「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」(ヨハネ 16:33)

「神がすべてにおいてすべてとなられる」

ローマの信徒への手紙 14章5~9節
詩編 90編1~12節

 

 震災への取り組みを機に私たち東北教区とも関係が深まっている台湾基督長老教会(PCT)のシンボルマークは、“燃える柴”です(出エジプト32)。柴のようにはかない存在を、生き生きと燃やし続けてくださる神の力と慈しみがここには示されています。

 ハイデルベルク信仰問答は問1で“生きるにも死ぬにも、あなたのただ一つの慰めは何ですか”と問い、“私が私自身のものではなく…イエス・キリストのものであることです。…”と答えます。

 伝道者パウロは 8「わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです」と語ります。神のために滅私奉公することが人生の目的なのか、と訝しく思われるかもしれません。ここの「ために」との部分には、“~に向かって”との意味があります。“誰も自分自身へと生きず、自分自身へとは死なない。私たちは主に向かって生き、主に向かって死ぬのだ。”とパウロは言っているのです。取るに足りずはかない私たちに主なる神は命を分け与えて豊かに導かれる、だから私たちもこの主を見つめて生き生きと歩んでいこうではないかと呼びかけられています。

 椎名麟三は受洗したとき、“僕はこれでじたばたして死ねるようになったよ”と語ったそうです(遠藤周作『死について考える』)。どのように立派に生きるか、どのように立派に死ぬのかが大切なのではありません。いかにじたばたしようとも、私たちのただ一つの慰め、安心しうる根拠は私たちを見つめ慈しんで導かれる主の側にあります。このキリストと結びあわされて生き、死ぬことを私たちは求めるのです。

10月のおたより

 東北教区宮城北地区は、当教会のあるあたりを南端、気仙沼を北端とする宮城県内をエリアとし、その中に13の教会・1つの集会所・1つの学校・3つの幼稚園・2つの保育園・1つの社会福祉施設があります。

 産業的には米作を中心とした穀倉地域であり、大きな水揚げを誇る港も複数あります。温泉や野鳥飛来地もある恵み豊かなところです。一方、東日本大震災では大きな津波被害を受けた地域が続き、また東北電力女川原子力発電所、王城寺原自衛隊演習場などの核・軍事基地の課題もあります。教会はそうした恵みを分かち合い、課題に目を向ける責務を担っています。

 当地区は、今年より10月第4日曜日を「地区の日」として覚えることになりました。一つ一つは小さな教会ながら、こうした宣教の働きを与えられていることを共々に覚えたく思います。

 同日には、地区内の牧師が移動して礼拝説教を担当する「交換講壇礼拝」も開催されます。今年、当教会には仙台松陵教会より戸井田栄牧師がおいでになり、小西望牧師は仙台松陵教会に行きます。一人の主にあるつながりを確かめる良き日となりますように。

「神の布石」

使徒言行録 11章19~26節
イザヤ書 46章8~13節

 

 同志社開校後、遠く水沢(現・奥州市)から学び伝道界に進んだ人物に、山崎為徳(同志社教師)・片桐清治(水沢教会を創立・当教会第2代牧師)・相沢乕次(水沢教会第36代牧師)・相沢駒之丞(北海道・満州で伝道)・高橋由己(涌谷教会を創立)がいます。日本プロテスタント草創期に刻まれたこれらの働きは“水沢バンド”とも呼びうるものであり、新島襄が日本伝道の礎として東北に目を向けた一因ともなっているでしょう。

 水沢教会創立の経緯は不思議なものでした。帰省した山崎為徳から福音をもたらされた水沢の青年たちは伝道者を求める手紙を同志社に送り、1879(明治12)年山崎と共に第1回卒業生となった小崎弘道が水沢に向かうことになりました。が、“水沢は余りに遠方で余りに辺僻であるから”(小崎『余が二五年の経歴』)と小崎は東京に留まり、新肴町教会(現・霊南坂教会)を創立します。

 やはり水沢伝道はこの土地の者でなければ、と青年たちの中から選ばれたのが片桐清治でした。当時小学校主席訓導(校長)であり家族もあった片桐でしたが単身同志社に向かい、5年の苦学を経て1885(明治18)年に帰郷、9月水沢教会を創立したのでした。

 このとき小崎が来援、伝道会を開催すると共に初めての洗礼式を執行しています。小崎・片桐は、主なる神の不思議かつ大いなるご計画をわが身に感じていたことでしょう。

 世界に26「キリスト者と呼ばれる」者が誕生したのは、19「迫害のために散らされた」(8:1)者たちの働きによるものでした。10「計画は必ず成り…望むことをすべて実行」される主の御手の内に、破れある者が導かれ用いられる不思議と恵みを思います。

世界聖餐日礼拝 「神の国で再び飲むその日まで」

マルコによる福音書 14章12~26節
出エジプト記 12章24~28節

 

 12「過越の食事」は出エジプトの出発の際の食事を模したものであり、神の救いの記念としてユダヤ人は今日に至るまでこれをまもり続けています。年に一度、家族は特別なメニューを所作に従って共にし、その中で子どもがその意味を訊ねることになっています(出エジプト1224~)。

 十字架に挙げられる前の晩、主イエスは弟子たちと共にこの食事をなさいました。食事の席への謎めいた案内は一行を取り巻くきびしい敵意のゆえでしょうが、それ以上に重要なのはこの12「過越の食事」の時と場所が主イエスご自身により用意されていたことです。

 食事の席で、主イエスは裂かれる22「パン」と分かたれる23「杯」は十字架の犠牲であると、その意味を説き明かされました。25「神の国で新たに飲むその日まで飲むことはもう決してあるまい」とは、神の国で食卓を共々に囲む日がやってくることを指し示しています。“最後の晩餐”とは、本当は救いの完成へと向かう“出発の晩餐”だったのです。

 この食事は旧約以来の救いの歴史において主なる神ご自身によって用意され、主イエスの十字架の犠牲を通して私たちに分かたれました。私たちは聖餐においてこの救いの出来事を噛みしめ、約束された神の国を仰ぎ見ます。なお悩みと課題がある中にも、この恵みから希望を抱くことができます(讃美歌398)。