「変えられるもの、変えられないもの」

ヨハネによる福音書 12章27~36節
詩編 25編1~14節

 

 十字架を前にして主イエスは27「今、わたしは心騒ぐ」と思いを吐露され、27「『わたしをこの時から救ってください』と言おうか」とつぶやかれました。が、28「父よ、御名の栄光を現わしてください」と祈られたのです。この28「栄光」とは、ご自身が十字架上で死を遂げることを意味していました。

 “ニーバーの祈り”と言われるものがあります。20世紀アメリカの神学者、R.ニーバーによるものです。

神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。そして、変えることのできるものと、変えることのできないも のとを、識別する知恵を与えたまえ。

 川端純四郎兄は著書『311後を生きるキリスト教』において、“謙虚に受け入れるほかない死”と“受け入れてはならない死”を峻別し、後者についてはこれへと追いやるものとの戦いが必要なことを指摘されました。

 罪を抱えた人間が“変えることができるもの”と“変えることができないもの”を正しく見極めることは簡単ではありません。加えてそこから行動する勇気を得、受け入れる冷静さをもつことは、まさに祈りを必要とする事柄です。私たちは、み旨を顕わしてください、と祈り求めねばなりません。

 十字架の死がなぜ28「栄光」なのか、それはそのみ業によって世の人々が天の神に結ばれるからです(32節)。35「光のあるうちに歩きなさい」とは、み旨を祈り求めつつ与えられた時・場をしっかり踏み進むことだとも言えましょう。

 

 (付記)

 川端兄が存命でしたら、R.ニーバーと並べて紹介することを怒られるかもしれません。現実主義のもとに正戦論をも唱えたニーバーは、自らこの祈りから逸脱したのだとの批判もあり得るからです。川端兄は、キリスト者がニーバーの祈りを唱えるだけで安心して“受け入れてはならない死”に加担してしまう危険をも視野に入れて論じておられることを忘れてはなりません。

「主の友となりて」

ヨハネによる福音書 15章11~17節
コヘレトの言葉 4章9~12節

 

 讃美歌461“み恵みゆたけき”のくり返し部分は、かつて“慈しみ深き主の友となりて、御手に引かれつつ天に登りゆかん”と歌われていました。新島八重はこの曲を愛唱し、晩年友人にも“神のよき友となれ”と書き贈っています。

 主の友となるという歌詞は、今日開いたヨハネ1511~に由来していましょう。この晩、弟子たちは主イエスから14「あなたがたはわたしの友である」、13「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」と語りかけられました。この言葉に託された深く重い意味を、弟子たちは翌日の主が十字架に進まれたことによって知ったのでした。

 この14「あなたがたはわたしの友である」との主の呼びかけは、弟子たちのみならず私たちにも及ぶものです。そして“主の友となる”とは、この主の迫りに私たちはどう応えるかとの問いを含んでいます。

 16「あなたがたが出かけて行って実を結び」と、次いで語られています。呼びかけに応えて私たちも世に一歩を踏み出し、隣人と友の交わりを結ぶことが主の友となることにもなるのです。18「世」とは、この福音書において迫害や戦いのあるところです。が、応え従って踏み出す16「その実は残る」と主は言われます。

 コヘレト49~には「ひとりよりもふたりが良い」と、友がいる幸いが述べられています。繰り返し「ふたり」とありながら末尾で12「三つよりの糸は切れにくい」と告げられるのは、主の介在が指し示されていると解されます。“主の友となりて”世を歩みゆく確かさと幸いを思います。

9月のおたより

 恵みの秋となりました。いかがお過ごしでしょうか。

 さて当教会が、今から128年前に仙台に創立されたキリスト教主義学校「東華学校」と深い関わりがあることはこれまでもお知らせしてきた通りです。さて来月、2つの団体がこの歴史を訪ねて来仙され、当教会にもおいでになることになりました。それぞれ、ご興味のある方はどうぞおいでくださいとのことですので、ご案内します。

 どうぞお気軽にご参加ください。いずれも会場は当教会です。

 

<仙台片桐会 2014>

  東華学校幹事、当教会第2代牧師、片桐清治先生の末裔の方の集まりです。数年に一度こうした会をもたれ、また「ドーシテルノ」という名のご一族の機関誌も発行されていらっしゃいます。すごいですね。

   日 時   10月12日(日) 13:00 ~ 15:00

   内 容   記念礼拝と讃美

           ・お話「新島襄・片桐清治と東北」  小西 望 牧師

 

<東京新島研究会 仙台研修旅行>

  主に同志社校友の方による東京の研究会の方々が、東華学校ゆかりの地を訪ねる研修においでになります。

   日 時   10月22日(水) 14:30頃 ~ 15:30頃

   内 容   お話「東北における同志社分校、東華学校」 小西 望 牧師

 

  東華学校の教師・生徒

「命のパン」

ヨハネによる福音書 6章30~40節
申命記 8章2~10節

 

 五つのパンと二匹の魚で五千人以上の人が満たされた出来事(61~)の後、期待してついてきた人々に主イエスは27「永遠の命に至る食べ物のために働きなさい」35「私が命のパンである」と言われました。ここで主は何を教えられたのでしょうか。

 そうか、これは食べるパンではなくて心の充足を指しているのだ、そう考えられるかもしれません。確かに、物的には十分でも心が満たされないとの今日的課題はずいぶん以前から指摘されているとおりです。

 でも、出エジプトの民が荒野で食べた31「マンナ」(=マナ)のことが触れられています。マナが与えられたのは、「人はパンだけで生きるのではなく…主の口から出るすべての言葉によって生きることを…知らせるためであった。この四十年間の間、あなたのまとう着物は古びず、足がはれることもなかった。」(申834)と語られています。民は罪に起因する試練も多く数えながらも、身も心も主に養われ支えられて約束の地に到ったのでした。

 今日祝福を受けられる高齢者の方は、このことを我が身にもふり返られるのではないでしょうか。主は私たちの心だけではなく、曲折ある生活をもそのみ旨とみ手をもって導かれるのです。35「わたしのもとに来」なさい、35「わたしを信じ」なさい、と呼びかけられています。実際に養われていても、これは一歩踏み出さなくてはわからない真実であり恵みです(30節)。35「私が命のパン」とは私を食べなさい、ということです。私たちのために命をも分け与えられた方が私たちの日々にも伴って養い導かれる、この恵みの内に歩みなさいと呼びかけられています。

「主の栄光を仰ぎ見る旅路」

申命記 34章1~8節
ローマの信徒への手紙 8章18~25節

 

 622日以来辿ってきた出エジプトの物語の締めくくりとして、民の荒野の旅と指導者モーセの働きの結末を見ておきましょう。

 荒野の旅は40年に及んで約束の地を望むヨルダン川東岸に至り、指導者モーセは旅を振り返る演説をしました(13)。これが申命記です。

 40年というと、古代ではほぼ一世代です。旅路がなぜこれまで長引いたのか、それは民の罪のゆえでした(民1426~)。そしてこの民を苦労して導いた指導者モーセも、約束の地に入ることはできないと主から申し渡されるのです(323~)。それは、荒野で水が必要になったとき主に命じられたようにモーセが正しく行わなかった罪の故だと説明されています(3251)。なんと厳しいことでしょう。

 この厳しさは、私たちが罪から逃れられない、限りある存在であることを指し示していることを思います。願い・目標に必ずしも達することなく、人は生涯を終えていきます。その厳しさを私たちは引き受けなければなりません。

 モーセを主は 1「ピスガの山頂」に登らせて民に与えられる約束の地を仰がせられ、これをもってモーセはその生涯を閉じたのでした。私たちは罪と有限性から逃れられない者ですが、主の憐れみともたらされたみ業によって将来に約束された栄光を仰ぎ見ることが許されています(ローマ818~)。18「現在の苦しみ」は18「将来…の栄光」によって意味づけられ、私たちの20「虚無」は、主から来る20「希望」によって照らし出されるのです。私たちの限りある旅路も、主の約束とその栄光に位置づけられていることを心に刻みたく思います。