「マナの意味」

出エジプト記 16章1~20節
ヨハネによる福音書 6章34~35節

 

 出エジプトを果たしたイスラエルの民は、約束の地に入るまでに40年に及ぶ荒野の旅を経験しました。その中で民はその弱さや破れをあらわにし、そうした小さな者をなお支え導かれる主に出会ったのでした。

 象徴的な出来事が、マナの物語に示されています。食べるものがないと不平を洩らした民に、主は天からの不思議なパンを与えて養われました。15「これは一体何だろう」との言葉、“マナ”がそのままその名になりました。

 民111~では、民の罪に焦点が当てて同じ物語が語られています。“エジプトには肉や魚、きゅうりやメロン、葱や玉葱やにんにくもあった。今は、どこを見回してもマナばかりだ”と不平をいう民に、主は大量のうずらを送られました。が、食べきれないほどの肉で民は疫病に倒れ、「貪欲の墓」に葬られたのです。主のみ業と約束を仰いで今を乗り越える力を与えられた(151~)その同じ民が、目の前の貪欲に縛られたとき罪にあって滅んでいったのでした。今日の社会も目先の豊かさばかり優先し歴史と未来を省みないならば、同様の破滅へと歩むのではないでしょうか。

 申8章で、マナの出来事の意味について 3「人はパンだけで生きるのではなく…主の口から出るすべての言葉によって生きることを…知らせるためであった」と記され、それは16「苦しめて試し、ついには幸福にするため」の主のわざだったと明かされています。私たちが出会い経験する事柄の意味を目に見えることだけで判断することなく、広く深く訊ね求めるべきことが指し示されていることを思います。

「讃美歌の原点」

出エジプト記 15章1~21節
コリントの信徒への手紙 一 6章1~10節

 

 過越の災いを経てついにファラオはイスラエル人の解放に同意し、民はエジプトから約束の地に向けて出発しました。後悔したファラオの率いる軍勢が民を追いかけてきましたが、主は紅海を分けて民を渡らせ軍勢を海に投げ込まれたのでした。この出エジプトはイスラエルの民の信仰の原点となり、今日に至っています。

 その時に歌われたという2編の“海の歌”を今日共にしました。モーセ・アロンの姉ミリアム(24414)による歌は詩編の原型を備えた大変古い賛歌であり(21節)、118節の長い歌はミリアムの歌を元にして後世に整えられたものだと考えられます。

ミリアムの歌は大変短いものですが、出エジプトの出来事を的確に主の栄光に帰しています。モーセは大いなる指導者となりましたが、その背後にはミリアムやシフラ・プア、またエジプトの王女ら命を守ろうとした女性たちのわざがあったのです(12章)。そしてこのとき、讃美歌のいわば原点が女性から発せられたのでした。

 長い歌の内、13節以降は40年に及ぶ荒野の旅や約束の地への定着の歴史など、後代のことが歌い込まれています。この歌が後の時代に整えられたからだと説明はつきますが、それ以上に神のみ業を仰ぐ信仰の眼差しは時代や場所を超えゆく視点を与えるものであることが指し示されているように思います。聖書に記されているのは何千年も前の、あるいは遥か先の出来事でありながら、それらが 2「恵みの時」 2「救いの日」となって私たちの今に及ぶのです。また信仰者は限りある自らの生が、神の永遠の中に確かに位置づけられ用いられていることを仰ぐのです。

 キリスト者は、その後新約の時代に至り私たちの世界に来られた主イエスの出来事を信仰の原点として、讃美を歌います。

7月のおたより

 最近、週報の予定欄などに「とな会(仮)」とあるのを見て、??… と思った方もおられるかもしれません。

 教会には、主にある交わりを結ぶための“エイジグループ”があります。当教会には青年会・若樹会(子育て世代の会)・ナルド会(婦人の会)・四季の会(壮年の会)がありますが、青年会と若樹会は最近、開店休業状態になっていました。人数が減ったこともですが、近ごろ若手が勤務先でほんとうに忙しくなってきていることも影響していると思われます。

 でもこのままではいけないと、まずは50歳までの会をつくって広い交わりを目指していくことになり、5月25日に発足会がもたれました。そこでこの会につけられたのが「とな会(仮)」です。その意味するところは…、“私たちは「おとな」の手前 だから頭の一文字を取って「とな会」なんだとか。

 このネーミングに対しては、“ふざけとんのか?” とか “ユニークでいい!”とか、評価はさまざまです。そんなことで改名もありうると(仮)とつけられています。

 ともあれ、この会が豊かに用いられみんなの成長に資することを祈っています。ただ、50歳までが果たして「おとな」の手前なのかは??…ですが。

「主の祭りは我々全員のもの」

出エジプト記 10章1~11節
マルコによる福音書 5章11~20節

 

 主によって出エジプトの指導者に召されたモーセは、イスラエルの民をこの国から去らせよとファラオに迫りました。が、民を奴隷として追い使っていた王がこれを許すことはありませんでした。

 モーセは主のみ業を顕し、数々の災いをエジプトにもたらしました(714~)が、ファラオの心は頑ななままでした。主に支えられたモーセの力強さは示した業もさることながら、 8「行って、あなたたちの神、主に仕えるがよい。誰と誰が行くのか。」 9「若い者も年寄りも一緒に参ります。息子も娘も羊も牛も参ります。主の祭りは我々全員のものです」とのファラオとのやり取りに示されています。どのくらい役に立つかという観点でファラオが人を選別しようとしたのに対し(1124節)、老いも若きもすべての人は主の祝福の内に置かれていることをモーセは宣言したのです。

 ナチス・ドイツは人種主義と優生思想に立ち、同性愛者・障害者ら、そしてユダヤ人を虐殺したことで知られます。が、病院・施設を持ち19世紀から障害者の町として知られるべーテルでは、施設長・牧師らが“生きるに値しない生命などない”と最後まで抵抗を続けたのでした。能力・生産性で人を計る傾向は特に戦時下に正当化されます。今、奇妙な解釈改憲で“戦争のできる国”になろうとしている日本に生きる私たちは、私たちの生の根拠がどこにあるのかをしっかりふり返るべきです。モーセの宣言の系譜を受け継ぎ、教会には子どもから高齢者までが集っています。当たり前のことに思えるこのことに、豊かさと私たちが疎かにしてはならない基礎があることを心に刻みたく思います。

 ファラオの頑なな罪は、ついにすべての初子の死という悲劇を招きました(1229~)。命を人の力で支配しようとの愚かさは、大きな祝福を呪いへと変えてしまうとの指摘がここにあることを思います(申1126)。