イースター礼拝 「なおも先へ行こうと」

ルカによる福音書 24章13~35節
エレミヤ書 33章1~11節

 

 讃美歌218の詞は、今日開いたエマオ途上の箇所から着想されました。作者H.F.ライトは自らの人生の夕暮れを覚え、二人の弟子が願ったように(29節)“主よ、共に宿りませ”と歌ったところからこの賛美歌が生まれたのだといいます。

 復活の主イエスが同行してくださっているのに、目が16「遮られていて」二人の弟子はそのことがわからず、なお17「暗い顔をして」歩んでいたのでした。それは、必ずしも大切なことが見えず一喜一憂して歩む私たちの姿でもあります。でもそうした者の“共に宿りませ”との願いに、主は応えてくださるのです。

 でも復活の主は、28「なおも先へ行こうとされる様子だった」のでした。31「二人の目が開け」た時31「見えなくなった」主イエスは、目指す所に向かわれたのではないでしょうか。主はどこを目指されていたのでしょう。

 B.C.6世紀、新バビロニア帝国によりさし迫った破壊と亡国に人々の目が釘付けられていた中、預言者エレミヤは 3「わたしを呼べ。わたしはあなたに答え、あなたの知らない隠された大いなることを告げ知らせる」と、その後にもたらされる 6「いやしと治癒と回復」を指し示しました。主は、人の思いをはるかに超えて導かれ、み手をふるわれるのです。

 マルコ福音書によれば、主イエスは「復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」と言っておられました(14:28)。それは、私たちの生活の現場を指しています。私たちが悩みや課題にぶつかる中にも、復活の主が15「一緒に歩き」、希望の方向へと先立ち導いておられることを仰ぎたく思います。

「闇が力を振るっている」

ルカによる福音書 22章47~53節
詩編 139編1~18節

 

 レント(受難節)が始まってから、後奏時にオルターのろうそくを1本ずつ消しています。本日の礼拝後、残った1本は金曜の受難日聖餐礼拝にて消します。また受難日聖餐礼拝では別の7本にも火を灯し、7つの聖書箇所を味わいつつ順に消火します。その中で浮き彫りにされていくのは今日の私たちにも共通する罪が「世の光」(ヨハネ8:12)なる主イエスを十字架に追いやり、68「闇」の支配が訪れたのだということです。

 カトリック教会は伝統的に、“傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲”を七つの大罪と呼んできました。でも、人間は信仰の名においてすら人を断罪し、殺戮に走ることができるのです。その罪の根深さを思わざるを得ません。法王庁は2008年に、“遺伝子改造・人体実験・環境汚染・社会的不公正・貧困・過度な裕福さ・麻薬中毒”を現代の大罪だと発表しました。

 主の受難を告げる聖書から浮かび上がるもう一つは、主ご自身が十字架を最大の使命とされ、その方向へ進まれたことです(ルカ13:3)。Ⅰペトロ3:18~19は、「キリストは、肉では死に渡されましたが、…霊において…捕われていた霊たちのところへ行って宣教されました」と、主の十字架は68「闇」の支配する世界に消えることのない光をもたらすわざであったことを告げています。

 十字架には人の罪の闇の深さ、その漆黒をも照らし出す主の救い、その両側面が示されています。その十字架を、代々の教会は掲げ続けてきました。

3月のおたより

 3月17日、創立126周年記念礼拝をまもりました。そしてこの日、礼拝堂後ろの壁面に、片桐清治牧師が揮毫された額が掲げられました。

 片桐牧師は、東北伝道の幻を抱いた新島襄の薫陶と指し示しを受けて、故郷東北の地の伝道に生涯を捧げられた方です。当教会においては、第2代牧師を務められました。 

 1928(昭和3)年、72歳のとき、病気のために天に召されました。その日、亀代夫人に感謝をまた子どもたちに言葉を与えると共に、聖句十数枚を揮毫して一人一人に手渡されました。そして、皆で讃美歌を歌い、「遂に真理であった」との言葉を遺して、天に召されたと記録されています。

 今回、掲げた「我は生命也」と記された額はこのとき片桐牧師が遺された内の1枚で、岡佑一兄・片桐仁兄を経て、当教会に寄贈されたものです。だいぶ痛んでいたものを、今回、M兄姉がりっぱに表装しなおしてくださいました。

 教会にお越しの際は、ぜひ目を留めてください。そして、信仰のゆえに与えられた生涯を充実のうちに歩まれた多くの先人を覚え、私たちも今を大切に歩みたく思います。

教会創立記念礼拝 「東北伝道の幻」

ルカによる福音書 20章20~26節
イザヤ書 55章8~11節 

 

 126年前の当教会誕生の直接のきっかけは、前年の宮城英学校(後の東華学校)創立です。当教会は、この学校の教職員を中心に創立されました。これをさらに遡ると、1884(明治17)年新島襄がアメリカで湯治療養中、日本伝道の礎として東北伝道の幻を抱き、学校と教会を建てる計画を立てたことに辿りつきます。

 ルカ20:20~には、25「皇帝のもの」25「神のもの」をめぐって主イエスが戦いを経験されたことが記されています。新島は、日本そして東北にも尊い25「神のもの」があることを明らかにし、その栄光を顕したいと願ったのでした。後に宮城英学校副校長となる市原盛宏に宛てた手紙で、新島はこの計画を伝え、もし私が目的を達せずして死んだとしても神は必ず新たな人を起こしてこの計画に向かわせるだろうと記しています。

 こうして創立された宮城英学校でしたが、時代の激変にあって5年で廃校となります。経営を地元政財界に依っていたことが、大きな弱点となりました。いわば25「皇帝のもの」に頼りすぎたことが、こうした結果を招いたことを私たちも教訓とせねばならないでしょう。

 ここから生まれ今に至る当教会は、新島が抱いた幻のその使命を今も宿し、神の計画に用いられるべく導かれていることを覚えたく思います。主の言葉は11「むなしくは…戻ら」ず、11「使命を必ず果たす」とあります。小さな私たちも、神の計画とご用のうちに置かれているのです。

東北教区東日本大震災2周年記念礼拝

イザヤ書 42章1~9節
ルカによる福音書 7章18~23節

 

 東日本大震災発生より2年目の日に、あのときの体験・刻んできた思いを携えつつ、共々に主の前に立ちたく思います。

 震災発生2日後のレント第1主日、礼拝堂のガラスが砕け落ちていたため幼稚園ホールでまもった私どもの教会の礼拝にはいつもの約半数のメンバーが集まり、心細い中にも祈りました。連絡のつかないメンバーが心配で、“主イエス・キリストの恵み、父なる神の愛、聖霊の交わりがあなたがた一同と共に”との祝祷に、“今思いうかべる一人一人と共にあるように”との言葉がつけ加わりました。その後、ほとんどの方の無事が確認できましたが、海近くにお住まいの姉妹の消息がつかめず、翌週もその翌週も“今思い浮かべる一人一人と共に”と、皆で祈りをあわせました。

 この姉妹が津波に遭い召天されていたことは6月に判明し、お葬式を執り行いました。その後も、“今思い浮かべる一人一人と共に”との言葉を外すことができず、今に至っています。思い浮かべるのは、天の姉妹であったり療養中の方であったり、その時またそれぞれにおいて異なりますが、礼拝において私たちは誰かのことを祈ることができるし、そのように導かれていることをあの震災より知らされました。

 震災発生より2年、失われ断ち切られたままの多くのものがあり、懸命に取り戻されてきた沢山のものがあります。これらはいずれも忘れてはならないものです。そして一方、困難な震災の只中から新たに起こされてきたものもあるのではないでしょうか。それは、日本・世界各地から寄せられる祈りと助力であり、幅広い協力であり、平和と共生をめざす気づきなどです。

 B.C.6世紀、亡国と荒廃にあった民に、主は預言者の口を通して「見よ、…新しいことをわたしは告げよう」、この荒廃にも新しいものが「芽生えてくる」と語られました(イザヤ42:9)。今日にも主から与えられるこの希望に目をとめたいし、私たちはすでにその一端に触れ与っていることを思います。

 震災報告に出かけた京都教区研修会の礼拝で、ある牧師から“地震を地震のままに、津波を津波のままに、事故を事故のままにしておいてよいのか”との問いかけを頂きました。とてつもない中にも必ず新しいことを起こされる主のみ業に目を向けよう、私たちも従おうとの呼びかけであったと思います。一昨年の教区の集いで田中優さん(NPO未来バンク理事長)は、あの痛恨の原発事故を私たちはよりよき環境を未来に残すための転換点としなければと語られました。昨日、私どもの教会では、被災者支援センターエマオで震災に向き合ってきた一人の青年が洗礼を受けました。主は、地震を津波を事故をそのままにはなさらず、新しいことを起こし給います。

 なお道のりは長いでしょう。でも「傷ついた葦を折ることなく、暗くなってゆく灯心を消すことな」い主の業は、ついには「裁きを導き出して、確かなものとする」のです(イザヤ42:3)。従う一歩一歩の奉仕をも、主はご用のために用いてくださるでしょう。

 洗礼者ヨハネが使いを送って、“救いの実現はいつでしょうか、まだ「待たなければなりませんか」”と訊ねたとき、困難な中にも小さな一人が助け起こされているならば、神の国の救いはすでに訪れているのだと主イエスは答えられました(ルカ7:18~)。これは私たちが「見聞き」していることでもあります。震災発生2年の今にも生きて働き、新しいことを起こし、み業を進められる主を私たちは仰ぎ、従って行きたい、そう願います。

 

(2013年3月11日 仙台東一番丁教会にて)

東日本大震災2周年を覚えての礼拝 「新しい歌を」

詩編 40編1~12節
コリントの信徒への手紙 二 5章17~18節

 福島第一原発から20数kmに位置するH教会より、便りとバッチが届きました。震災発生より2年を経てなお、放射能汚染への対応をめぐる立場・意見の相違が町また教会にも分断をもたらしていること、こうした人間の破れを再生と和解へと導かれる主の受難を仰ぎつつ今を歩みたいとの言葉と共に、Ⅱコリント5:17~18の聖句が添えてありました。

 震災のすさまじい破壊と分断に私たちは言葉を無くし、み旨が見えなくなる思いを味わいました。今なおみ旨を訊ねる途中に私たちはありますが、一方かつて見えなかった17「新しいものが生じ」ていることを体験してもいます。それは日本・世界各地から寄せられる祈りと助力であり、幅広い協力であり、平和と共生をめざす気づきです。

 初代教会が誕生間もなく大迫害を受け、指導者ステファノが殉教し、多くの信徒たちが都エルサレムを追われて散っていったことが、使徒8:1に記されています。しかしそこから異邦人伝道が始まり(使徒8:26~)、キリスト者との名が生まれ(同11:26)、伝道者パウロが生まれていくのです(同9:20)。

 大きなマイナスと思われることからも、主は新しいことを起こし、 6「不思議な業を成し遂げられます」。そして私たちは私たちなりの主体的な関わりの中で、そのみ業に与るのだと思います(8節)。被災者支援センタースタッフ・ボランティアとして震災に向き合われたT兄は、今日この礼拝で洗礼を受けられます。

「神の長い旅と私たち」

ルカによる福音書 20章9~19節
創世記 1章26~31節

 

 9「ぶどう」は荒地に実りをもたらす作物であり、 9「ぶどう園」とは神の祝福を受けたこの世界を表しています(イザヤ5章)。従ってこの 9「長い旅に出た」13「主人」とは主なる神であり、私たちはこの世界なる 9「ぶどう園」を預かっている 9「農夫」ではないか、と語られています。

 9「農夫たち」は13「主人」から正しい管理とよき実りを期待されていました(創1:26~31)。ところが、送られた101112「僕」たちを排斥し、13「愛する息子」を殺してしまうのです。14「そうすれば…我々のものになる」との言葉は、あのバベルの塔を建てて神に成り代わろうとした罪の姿そのものです(創11:4)。このような愚かさを、今日の人間も繰り返しているのではないでしょうか。

 私たちの今が神の 9「長い旅」、すなわち創造から完成に至る歴史の内に置かれていることを仰ぐことは重要です。そこからこそ、今に確かな位置づけと方向が与えられるからです。そして神の導く歴史の中心には、十字架の死を経て救いの17「隅の親石」となられた主イエスのわざが刻まれています。私たちの世界は「見よ、それは極めて良かった」(創1:31)と語られる創造の恵みと、犠牲を払ってなおこれを愛する大いなる導きの内に置かれています。この 9「ぶどう園」を正しく耕す責務と期待が与えられていることを改めて銘記せねばなりません。