「刈り入れの時」

ヨハネによる福音書 4章35~38節
詩編 126編1~6節

 

 5「涙と共に種を蒔く」、この言葉にはいくつかの思いが重ねられていましょう。まず種蒔きとはつらい仕事であること、かつて 1「捕われ人」とされていた先祖たちがバビロンで耐え忍んだこと、そして今の自分たちもまた課題にあって苦闘していることです。でも 5「涙」の種蒔きはやがて 5「喜びの歌」の収穫に至り、労苦は主の約束にあって祝福に導かれると歌われています。

 種は自然と収穫に至ると思うかもしれないが(35節)、そこには主のみ業そして祝福があると主イエスは指し示されました。ユダヤからガリラヤへの途中のサマリアで、思いがけず35「色づいて刈り入れを待っている」実りに出会ったのです。それは一人の女性の直截な神の求めでした(1節~)。

 37「一人が種を蒔き、別の人が刈り入れる」、すなわち誰かの労苦の実りに別の者が与ることもある、と言われています。それは不公平なことなのでしょうか。主イエスの労苦の実りを弟子たちは刈り取り(38節)、弟子たちの労苦の実りを続く信仰者たちは収穫しました。私たちも先人の労苦の実りに与っています。36「こうして、種を蒔く人も刈る人も、共に喜ぶ」ことができる、だからあなたがたも次の世代の希望と喜びのため、今耕し種をまき続けなさいと語られています。

「乳と蜜の流れる地」

申命記 26章1~15節
コリントの信徒への手紙 二 9章6~12節

 

 主なる神が出エジプトの民に約束し、導き上らせた 9「乳と蜜の流れる…土地」とはどのようなところだったでしょう。当たり前ですが、乳や蜜が野原に流れているわけではありません。彼らは遊牧民でしたから、羊や山羊を連れていたはずです。荒れ野から肥沃で良い草の多いカナンの地に入ると、乳の出がぐんと良くなったことを経験したのでしょう。これらは生乳として、また凝乳・乳脂・バター・チーズとして生活を支えたと記されています。

 蜜はおそらく蜂蜜のことでしょう(士14:8等)。これを採取するのみならず、養蜂を知っていたらしいこともわかってきました。元々は花の蜜ですが、蜂の唾液によってブドウ糖と果糖とに分解され、さらにローヤルゼリーの成分などが加わり、それが濃縮されて栄養豊かな蜂蜜になります。

 これら 9「乳と蜜」が流れるとの語には、いくつかの示唆が含まれています。まず、荒れ野の厳しさを脱して与えられた豊かさを11「賜物」と受けとめたことです。それゆえ彼らは収穫を感謝し(1節~)、広く分け合いました。(11節~)。牧畜も養蜂も労働を必要とします。それは神の恵みへの応答であり、そこには主の慈しみのまなざしがあると語られています(11:10~)。そしてこの地は 1「嗣業の土地」ですから、次世代に大切に受け継いでゆく責任があります。今日の世界と人間が耳を傾けるべき使信があるように思います。

「あなたの食卓に」

ルカによる福音書 4章38~41節
コヘレトの言葉 9章7~10節

 

 38「シモン」とは、この直後主イエスの弟子となる「シモン・ペトロ」(5:8)のことです。この箇所から、ペトロは結婚しており家族がいたことがわかります。その彼が「すべてを捨ててイエスに従った」(5:11)ことは、家族にとって大きな不安であったに違いありません。

 がその心配を打ち消すように、福音書は38「シモンのしゅうとめ」の癒しを記すのです。それは熱を去らせたとの言わば小さな癒しでした。でもこうした小さなことにみ手を振るわれ、その後も40「一人一人に手を置いていやされ」る主イエスに、家族らは慈しみを感じ安心を得たのではないでしょうか。

 癒して頂いた38「しゅうとめ」はすぐに起き上がり、一同を39「もてなした」とあります。ここには、主イエスが教えられた“仕える”ことを表すディアコニア(22:26、マルコ10:45等)との語が用いられており、この後の彼女の生き方・姿勢を示唆しているかのようです。またペトロの妻はキリスト者となり、ペトロと共に働いたことがパウロの書簡に記されています(Ⅰコリント9:5)。主イエスが訪れられた38「シモンの家」はこのように祝されたのでした。

 由来がわからないのですが、“Christ is the Head of this House, the Unseen Guest at every Meal,the Silent Listener to every Conversation.” (キリストこそこの家のかしら、日毎の食卓の見えざる客、あらゆる会話の黙せる聴手)とのよく知られた言葉があります。主は私たちの家にもおいでになり、その食卓その日常をも祝し導いてくださることを覚えて日々を歩み行きたく願います。

「神の国の価値観」

ルカによる福音書 14章7~14節
箴言 15章15~17節

 

 10「招待を受けたら…末席に行って座りなさい。そうすると…面目を施すことになる。」というのは、今日の日本でも有効な処世術かと思います。ただ謙遜を演じるにせよ 7「上席を選ぶ」にせよ、私は価値ある人間だとの値踏みがある訳です。

 主イエスはそうした処世訓を教えておられるわけではありません。世間が見るところと神がご覧になるところは異なるということ、この世と15「神の国」の価値観は合致しないということです。

 さて主イエスはなぜこの宴席におられたのか、どうも 1「安息日」にどう振舞われるかを窺おうとの 1「ファイサイ派」の意図があったようです(1節~)。あなたがたは喜びを分かち合おうとの場になぜ企みを忍ばせ、12「お返し」を求めるのかと主イエスは問われつつ、すべてをご存じの神の前に素直であり、他者の前に謙遜でありなさいと諭されたのでした。

 1874(明治7)年、新島襄はヴァーモント州ラットランドでのアメリカン・ボード年会で帰国の挨拶に立ち、日本にキリスト教主義学校を創りたいと訴えました。これに応じて1000ドルを筆頭に多数の寄付の声が上がり、これが翌年の同志社創立につながりました。中でも老農夫が帰りの汽車賃2ドルを、老寡婦が貧しいけれども教育のためにと2ドルを捧げてくれたことのが最も私を感動させたと、新島は第1回卒業式に際し振り返っています。

 互いを較べることを尺度とするこの世の価値観から解放され、真実なる神のまなざしの前に生きる自由と喜びを求めなさい、と主イエスは教えられました。神の国の価値観がこの世に歩む私たちを解放し自由にしてくれる、不思議ですが本当のことです。

「大きく成長する」

ルカによる福音書 13章18~21節
申命記 7章6~8節

 

 19「からし種」の実物を神学部の図書室で見たことがあります。ケースに収められていなければ、鼻息で見失ってしまうような微小な種でした。が、蒔かれればそれは背丈を越えるほどに大きく成長するのです。

 21「パン種」はパン生地を発酵させるため、麦粉に加えられた酵母入りの捏ね粉のことです。20「3サトンの粉」とは実に約40 ℓという量です。混ぜられる21「パン種」はわずかでも生地を大きく膨らませ、約150人分のパンが焼き上がるのです。これは祭りや婚礼の際の描写でしょう。多くの者がパンを分かち合い、その喜びに与ったのです。

 19「からし種」21「パン種」は、取るに足りないと見えるものを指しています。18「そこで」とあるように、この譬は長年腰の曲がりに苦しんでいた女性が癒された場で語られました(10節~)。律法を優先させて会堂長が怒ったように、この女性の癒しなど小さなことだと映ったのでしょう。が、ここに18「神の国」=神の祝福は実現したのであり、その恵みと喜びは人の思いを超えて大きく成長してゆくのだと主イエスは指し示されました。

 イスラエルがなぜ主の 6「宝の民」とされたのか、それは 7「どの民よりも貧弱であった」からだとモーセは出エジプトの民に告げました。主はその 8「愛」をもって取るに足りないものに目をとめ、そのみ業を顕わされるのです。私たちが関わる多くは、取るに足りなく見えることかもしれません。私たち自身小さなものかもしれません。でも主はそこに目をとめられみ業を顕わし、神の国の喜びへと導かれるのです。この恵みを仰ぐ眼差し・思いを与えられたく願います。

平和主日礼拝 「和解をもたらすため」

コリントの信徒への手紙 二 5章16~21節
詩編 122編1~9節

 

 先月6日間にわたって開かれた台湾基督長老教会の青年修養会に、会津から8名の高校生が参加しました。最終日、派遣礼拝でなされた“愛餐”では、ぶどう酒とパンに代えてお茶とバナナが分かち合われたのだそうです。これらは台湾の重要な産物ながら、ヨーロッパ各国が台湾支配を目論み日本が植民地支配した時代に栽培が進められた歴史の痛みのしるしでもあります。一方日本も戦争で原爆被爆という大きな痛みを負った、互いの痛みを振り返り分かち合おう、そして十字架を引き受けられた主イエスがこれらの痛みを共にしてくださっていることを味わおう、と司式者は語られたとのことでした。大きな感銘を受けたと、引率された新田恭平牧師(猪苗代教会)が報告してくださいました。

 今日の個所で伝道者パウロは、キリストの十字架とは19「世」が神との18「和解」を与えられた出来事であったと広い視点でその意義を語ります。そしてその20「和解」の大いなる恵みに与る者はその業に連帯し(15・17節)、それぞれの場において18「和解のために奉仕する任務」に向かうのだと呼びかけています。

 詩122編はエルサレム巡礼に寄せて、孤立・分断に平和がもたらされる喜びを素朴に歌っています。一緒に行こうと呼びかけられたうれしさは、兄弟・友・人々の平和への祈りにつながっていきます。人は共に生きるべく創られた(創2:18)、その原初の喜びへと世界と私たちを呼び返すべくキリストはこの世に降り立たれ、十字架を負われました。その出来事は、今を生きる私たちの歩みにも及ぶものであることを味わいたく思います。

「もう一人の放蕩息子」

ルカによる福音書 15章25~32節
創世記 4章1~16節

 

 先々週は放蕩息子の譬を開いて、出奔そして帰還した弟に目を留めました。この譬には続いて兄が登場します。不始末をしでかして帰った弟を無条件に迎え入れ祝宴まで開いて喜ぶ父に、兄は怒りを表しました。

 兄の言い分はこうです。29「わたしは何年も…仕えて」真面目に働いてきた。この正しい私が報いを受けたこともないのに、なぜ道を誤ったあの弟が祝われるのだ。いや兄は弟とすら言わず、30「あなたのあの息子」と呼んでいます。あなたとも弟とも関係なく、私は自らの正しさで立っていけるとの自負を表すかのようです。

 弟は誤りましたが、17「我に返」り父の大いなる熱情を知りました。兄は父の許に居つつも、その思いを理解してはいませんでした。いわば二人ともが放蕩息子だったのです。

 父親は、あれは32「お前の…弟」ではないか、その喜びを共に分かち合おうとこの放蕩息子をも招いたのでした。

 創造物語で、罪という大きなズレを抱え込んだ人間に主は 7「お前はそれを支配せねばならない」と告げました。が、兄カインはその力に負けて弟アベルを殺してしまいます。神の熱情は招きと受容として私たちに注がれますが、人の熱情は時に罪を暴走させることとなります。

 9「お前の弟アベルは、どこにいるのか」との主の言葉は、広く受け止めれば“お前の隣人はどこにいるのか”との問いかけです。私たちは自らの正しさにおいて、罪を支配することはできません。主なる神の招きと受け入れを知り、互いの足りなさを補い合う隣人と喜びを悲しみを分かち合うことだと指し示されています。